HOME
なす風土記とは
ご利用案内
展示会など
講座など
団体利用
体験講座
図 書 室
周辺の史跡
なす香
キャラクター
リンク




光圀公ゆかりの歴史の地


大正ロマンただよう
 周辺の史跡
 なす風土記の丘周辺には多くの史跡が位置しています。これらの中から那須古代文化の特性をあらわす代表的な史跡を紹介します。
 ご希望の方には解説も行いますので、ご相談ください。
  国指定史跡
  那須小川古墳群(那珂川町)
 駒形大塚古墳、那須八幡塚古墳群、吉田温泉神社古墳群をあわせ「那須小川
 古墳群」として平成14年12月に指定されました。

 駒形大塚古墳
 4世紀初めころに造られた古墳で、全長60.5mの前方後方墳です。関東地方
 でも最も古い時期に造られたと考えられています。画文帯四獣鏡(中国鏡)
 をはじめ、銅鏃、直刀など多数の副葬品が出土しています。

 那須八幡塚古墳群
 那須八幡塚古墳と吉田富士山古墳からなります。那須八幡塚古墳は4世紀中
 頃に造られた古墳で、全長60.5mの前方後方墳です。夔鳳鏡(中国鏡)や鋸、
 鉇などの小型鉄製工具類が発見されています。

 吉田温泉神社古墳群
 吉田温泉神社古墳と観音堂古墳、19基の方墳群からなります。吉田温泉神社
 古墳は4世紀中頃に造られた全長47mの前方後方墳です。

      
          ▲駒形大塚古墳               ▲那須八幡塚古墳  
   唐御所横穴(那珂川町)
 北向田・和見横穴墓群で一番高い場所にあり、真南に開口した奥行4.78m
 の横穴墓です。天井部が切妻屋根のような形になっています。床面にはコの
 字型に棺座が設けられ、横穴墓上方には墳丘を伴うものとみられます。周囲
 には姫穴や厩穴、遠見穴など86基の横穴墓がみつかっています。

     
   ▲唐御所横穴全景             ▲唐御所横穴内部
  那須官衙遺跡(那珂川町)
 当初は寺院跡と考えられていましたが、発掘調査の結果、古代那須郡の役所
 跡であることがわかりました。遺跡の範囲は少なくとも南北約200m、東西
 約400mあり、大きく4つの区画にわかれています。中央ブロックは不明で
 すが、東ブロックは実務を行う場所、南東ブロックは館に関連する施設が
 あったと考えられます。また、西ブロックは倉院と考えられ、その中の1棟
 の建物には瓦が葺かれており、正倉跡と考えられています。

     
       
          ▲那須官衙遺跡        ▲那須官衙遺跡出土鐙瓦・宇瓦
  那須神田城跡(那珂川町)
 平安時代末期に、八溝山中の岩獄丸という賊を退治した須藤権守貞信が築い
 たといわれ、南北に長い方形単郭式の形態を良好に残しています。古代から
 中世にかけての那須氏の本拠と考えられています。源平合戦の「扇の的」で
 有名な那須与一はこの神田城で生まれたと伝えられています。

  
  ▲那須神田城跡
 侍塚古墳(大田原市)
 那須国造碑解明のために江戸時代に徳川光圀が発掘しました。発掘調査後に
 は出土した遺物を絵図に記し、墳丘に埋め戻して松の木を植え、史跡整備を
 行いました。これが日本で初めての学術的な発掘調査・史跡整備といわれて
 います。
 上侍塚古墳

  4世紀末ころに造られた、全長114mの前方後方墳です。
 
下侍塚古墳
  
4世紀末ころに造られた、全長84mの前方後方墳です。
  那須国造碑(国宝・大田原市)
 7世紀末に活躍した那須直韋提の業績を讃えて建立された石碑です。
 多賀城碑、多胡碑とともに日本三古碑のひとつとされています。その形態や
 書風から渡来人のかかわりが考えられています。
   
 


 

Copyright © nasufudoki All rights reserved.